Coating

ボディコーティング

使用しているコーティング剤はガラス”系”のコーティングではありません。
当店の使用しているガラスコーティング剤は高濃度のガラスコーティングで強い透明感と高耐久性の
被膜が特徴です。

新車にコーティングは必要か?というよりも新車だからこそ、
ダメージの少ない新車時の塗装状態を、より長くキープする為にもコーティングはやるべきと思います。

新車の塗装で綺麗だけど「色ボケ&くすみ」があるとか、多少なりとも鉄粉、イオンデポジット、
鳥フンの付着、排気ガス、黄砂、花粉、紫外線の影響等で、一台一台塗装状態は個体差があります。
この様なこともあってか、塗装面は日々褪色、劣化に向かって進行しています。

併せて輸入車などは輸送中において潮風の影響も受けていますので、それらの付着物除去なども含めて、
塗装面の磨き作業を施し塗色本来の、色、艶、平滑性を再現し、その状態を一日でも長く維持するためにも、
適切にコーティングすべきと思ってます。
新車だからといって洗車し即コーティング、下地処理ナシのコーティング作業は、完成度、美観、耐久性など
含めてコーティング本来の性能を発揮出来てないと思います。

車の塗装は意外にも薄くコピー用紙一枚前後程度と思って下さい。当店では新車の塗装面を「削る」様な研磨作業は行わずに、コーティング剤の定着性、耐久性、美観を上げる為に、僅かの研磨で済ます「肌調整」としての下地処理を行っております。結果的に新車か否かに関係なく、ボディーコーティングはやらないよりは、当然やった方が
長期間キレイな状態を維持しやすくなります。

まとめとして車のコーティングは種類が沢山存在してますので、ご希望お好み、ボディカラー、洗車頻度と
保管状況、ご相談いただき最適なコーティングをご案内いたします。

窓ガラス撥水加工

窓ガラス撥水コーティング剤は耐久性・撥水性等を考慮しプロ用を使用しております。
窓ガラスにコーティングを行うことにより、ガラス面に付着した水滴がコロコロ弾くため、油膜や雨染み、
イオンデポジットなどの汚れ付着防止効果があり、クリアな窓ガラスを長期間保ちます。
特に夜間雨天走行時などはガラス面の視界が良くなります。
特にフロントドアガラス部分、夜間雨天時において曲がり角、右左折時の横断歩道上の人間、動物などが、
街灯による乱反射でよく見えない為、安全運転の為にも窓ガラスの撥水コーティングをおすすめします。

アルミホイールコーティング

アルミホィールの表面をアルミホィール専用のコーティング剤でコーティングすることで、汚れ付着を長期間強力にブロックします。アルミホィールは泥汚れ、ブレーキダスト、ローターの削りカス、鉄粉、ピッチタールなどの汚れがこびりつきます。
アルミホィール専用のコーティングをすることによって、水洗いで簡単に落とせるようになります。
輸入車は特にブレーキダスト、ローターの削りカスが多く付着しますので、ボディコーティングと併せての施工を
おすすめしています。

レザーシートコーティング

淡色系のレザーシートのコーティングは、衣類の色移り軽減の為にも必要不可欠です。
レザー質感維持、乗降時の劣化、亀裂やシワ軽減、汚れが付きにくく、簡単に取れやすくする為にもレザーシートのコーティングをおすすめします。

黒い樹脂部分のコーティング

プロ用未塗装樹脂パーツ専用コーティング剤を使用しています。
黒の樹脂部分は風雨、紫外線などの影響で黒飛びし、経年によることで白く色あせてしまいます。
黒本来の色合いを保つためにもコーティングは必要不可欠です。
未塗装樹脂部分にコーティングをしておくことで色あせ防止、防汚性効果も維持します。

タイトルとURLをコピーしました