ガラスコーティングとカーフィルム施工は東京の専門店。浅草エヴァンス

ガラスコーティングTC-6349施工済み画像
カーコーティング施工済み画像

ガラスコーティング

ガラスコーティングのメリットとして、特有の光沢と輝き、キズが付きにくく、汚れにくく、汚れが落ちやすい等が
あります。また性能の持続期間が長いので、都度の洗車時間を短縮し、洗車頻度が減少します。一般的な洗車等では
数年間でコーティングが、無くなるような事は無いので、長期間において、塗装の美観を保護し維持します。

車の塗装そのままの状態では、鉄粉、水垢、水シミ、汚れ、その他の様々な物が、付着しやすいのです。水シミ、
汚れが付着しはじめると、たちまち汚れが汚れを呼ぶ悪循環となり、頑固な汚れになり簡単には取れなくなります。
その固着した汚れ等と紫外線と天候などの悪影響によって、塗装面は日々、褪色、劣化に向かって進行しています。
綺麗でダメージの少ない新車を、そのような環境から塗装を守る為に、WAXとかポリマーがありますが、耐久性、
高性能、防汚効果、耐擦り傷性等を考慮すれば、優位性のある最新のプロ用のガラスコーティングをお薦めします。

現在使用中のガラスコーティング剤、TCシリーズ「TC-6349」「TC-6341」は、高濃度ガラスコーティングで
高耐久性の被膜、強い撥水性と透明感が特徴です。コーティングの満足度をより高めたいので複数の溶剤がMIX
されている、有効成分の含有比率が低い「ガラス系コーティング剤」等は、一切使用しておりません。

そこで新車にボディコーティングは必要か…?
もちろん必要です。 理由はいくつもありますが、なんと言っても費用が、経年車よりも安くて済むからです。

新車の塗装は綺麗ですが、その車の塗装本来の色彩、光沢、艶、平滑性などが足りません。その原因の一つとして
「色ボケ&くすみ」そして、排気ガス、黄砂、花粉、紫外線の影響とか、多少なりとも鉄粉、イオンデポジット、
鳥フン等の付着物の影響もあり、塗装面がザラザラしていたりと、一台一台の塗装面の状態は個体差があります。
特に輸入車などは輸送中において、潮風の影響も受けていますので、より注意しなければなりません。

それらの付着物の除去作業なども含めて、新車塗装本来の特徴を見いだし、コーティング剤の定着性、耐久性、
美観維持効果を上げる為にも、適切な下地処理と肌調整を含む、ポリッシング作業の仕上げは必須と思います。

当店では全ての新車において、塗装面を「削る」様なポリッシング作業ではなく、「塗装面の肌調整」としての
ナイーブなポリッシング工程での「下地処理」を行っております。こうして磨き上げられたベストな状態をより
長くキープさせる為にも、高額(高額コーティング = 高性能とは限りません)で無くても良いので、適切な施工
方法にて、カーコーティングを実施しておくべきと思います。

これらの磨き工程も含めてコーティングは職人としての「作品」と思います。様々なこだわりについてはさておき、
結果的に新車か否かに関係なく、ボディーコーティングはやらないよりは、当然やった方が長期間キレイな状態を
維持しやすくなります。そして自己満足の一つとして、いつもキレイな方が気分がイイはあると思います。
当然のようにキレイな車は下取り査定価格において、優位になることは言うまでもありません。

車のコーティングは種類が沢山存在してますので、様々なご希望、ボディカラー、洗車頻度と保管状況、お好み等、
ご相談いただき「キレイが長持ち」の、最適なオーダーメイドのカーコーティングをご案内致します。
またコート剤の持ち込み、銘柄指定、磨き作業のみの施工依頼は、どちら様におかれましてもお受け致しかねます。

コーティング施工料金は工業製品ではない為、均一価格ではありません。経年車において、お車の程度、状態に
おいて、 ウォータースポット、イオンデポジットなどの水シミ除去、ピッチタール除去、ペンキ塗装ミスト除去、
鉄粉など付着物除去、特別時間を要するポリッシング作業は、追加料金が発生します。(新車の場合においても、
希にこのような作業が発生する場合もあります)作業内容と方法、コート剤の種類、サイズ、ショップ、量販店、
カーディーラーなどで、料金は異なってきます。

ガラスコーティングの特徴の一つとして、粉塵、汚れ等付着防止の性能があるので「汚れが付かない、付きにくい、
粉塵等の付着物がとれやすい」があります。そこでコーティングの多重塗布仕上げです。何日も預けて
(預けている日数 = 作業している日数とは限りません)二層、三層と、複数回コート剤を塗布した方が、皮膜も
厚くなり、耐擦り傷性能が向上し、思い込みもあるかもしれませんが、とてつもなく最強になった様な気がします。

コーティングの時間差をおき、再度コート剤を塗布し完成させる。現実的に性能も含めて「1+1=2」となり、
「1+1+1+1+1+1+1+1+1」の場合は「9」となり得るだろうか?当然にそれに伴い手間、材料費も多重塗布作業
なりに必要とし、施工料金もそれなりに高額となるのも事実です。

このように複数回塗布した場合、果たして、その塗布した回数分の全てが、科学結合し重合するのでしょうか?
当店としては、お客様には無用な出費をして欲しくないので、あえて推奨は致しません。
但し、メーカー側がその製品、作業方法を指定し、推奨している場合はこの限りではありません

施工方法もいろいろです。新車ということで洗車後、塗装面の肌調整などの下地処理ナシ、又はそれなりの下地
処理であれば、実際の作業はそれ相当の短時間で終了し、使用するコート剤によってはリーズナブルな施工料金は
可能かと。時には営業マンがコート剤を塗布し拭き上げていたり・・・内容によっては、単純に「塗って拭きとる」
だけですから、自分で洗車をなさるような愛車家の方でしたら、プロの手を経ずとも通販などにて、お好みの
アイテムを入手し「DIY」も可能ではないでしょうか?

オペレーションについても、出張作業専門の下請け業者施工、経験の浅い養成期間中の作業員、バックヤードで
指導中の外国人研修生作業員等々。また一台の車両を複数の作業員で作業するケースがあります。作業員全員の
技量、知識、経験値、コート剤の塗布量、センス、力加減、見る目など、同一レベルかどうか?
結果的に各部位の仕上がりについては、バラツキとかないのでしょうか?

このようにカーコーティング施工について、使用するコート剤、施工方法、仕上げ方、目標台数…等々、量販店、
ショップ、カーディーラー等、個々の考え方、施工スタイル、経営方針も様々、多様です。総合的な判断として、
金額か、施工品質か、どちらをチョイスしても正解と思います。これらをチョイスするのはお客様自身ですから。
本文記載内容、施工料金、その他についての、ご相談などは、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

まとめとして、コーティング作業は、どこで ?、誰が ?、どんな事やるのか ? .....やはり「餅は餅屋」と思います。

ガラスコーティング施工済み画像 BMW330
ボディコーティング施工済み画像 MEGANE RS

窓ガラス撥水加工

窓ガラス撥水コーティング剤は耐久性・撥水性等を考慮しプロ用を使用しております。
窓ガラスにコーティングを行うことにより、ガラス面に付着した水滴がコロコロ弾くため、油膜や雨染み、
イオンデポジットなどの汚れ付着防止効果があり、クリアな窓ガラスを長期間保ちます。
特に夜間雨天走行時などはガラス面の視界が良くなります。
特にフロントドアガラス部分、夜間雨天時において曲がり角、右左折時の横断歩道上の人間、動物などが、
街灯による乱反射でよく見えない為、安全運転の為にも窓ガラスの撥水コーティングをおすすめします。

窓ガラス撥水加工済み画像
ウィンドウガラス撥水加工済み画像

アルミホイールコーティング

ボディはコーティング済みでいつもキレイ、半面アルミホィールの方はというと、キレイにしていたのは最初だけ
で、途中からよごれが落ちにくくてなり、諦めてしまっている。キレイなボディに汚れたままのアルミホィール。
こういうアンバランスに成る前に、新車時や新しくホイールを新調した時など、アルミホィールにも高性能で、
高耐久性のプロ専用液剤による、コーティングをおすすめします。

アルミホィールは泥汚れ、ブレーキダスト、ローターの削りカス、鉄粉、ピッチタールなどの汚れがこびりつきます。ホィールの表面をホィール専用のガラスコーティング剤でコーティングすることで、厚くて強固な皮膜を形成することで、ガラスコーティングがアルミホィールに付着する汚れを長期間強力にブロックしますので、新車時の光沢をキレイな状態でキープしつつも、水洗いで簡単に汚れが落とせるようになりますから、お手入れが簡単になります。

輸入車は特にブレーキダスト、ローターの削りカスの「鉄粉」が多く付着し、時間の経過と共に、熱、湿度でより強く固着していき、通常の洗車レベルでは除去不可能となりますので、ボディコーティングと併せての施工をおすすめしています。

アルミホィールのコーティングだけでも、大歓迎ですのでお気軽にご相談ください。
料金はサイズで異なりますが、1本あたり数千円の料金で施工出来ます。

アルミホイールコーティング
アルミホイールにガラスコーティング施工済み画像

レザーシートコーティング

淡色系のレザーシートのコーティングは、衣類の色移り軽減の為にも必要不可欠です。
レザー質感維持、乗降時の劣化、亀裂やシワ軽減、汚れが付きにくく、簡単に取れやすくする為にもレザーシートのコーティングをおすすめします。

レザーシートにガラスコーティング施工済み画像
レザーシートにガラスコーティング施工済み画像2

黒い樹脂部分のコーティング

プロ用未塗装樹脂パーツ専用コーティング剤を使用しています。
黒の樹脂部分は風雨、紫外線などの影響で黒飛びし、経年によることで白く色あせてしまいます。
黒本来の色合いを保つためにもコーティングは必要不可欠です。
未塗装樹脂部分にコーティングをしておくことで色あせ防止、防汚性効果も維持します。

未塗装樹脂部分にガラスコーティング施工済み画像